海外で学ぶのと同等に英語のミュージカルターム(音楽用語)を学ぶ。

英語で四分音符はなんていうの? 一見簡単そうなこんなことも、英会話学校で勉強している大人でさえわかる人はほとんどいません。基本的なことから、音楽的表現に関する言葉まで、翻訳されていないアメリカのピアノテキストを使いながら英語と日本語で学習することによって、バイリンガルで音楽を理解していくことができるようになります。(翻訳は宿題のシートにつけますので、あとでわからなくなることはありません。)将来海外でレッスンを受けることになった場合にも、ごく自然にレッスンが理解できるようになります。また、テキストの中には英語の歌もたくさんはいっているので、学校では習わないけれど、英語圏の子供たちが日常普通に使う言葉も自然と理解できるようになります。

インターナショナルスクールで受験する音楽の国際資格「トリニティー」

Trinity Guildhall grade examinationはイギリスを始めヨーロッパ各国、アジアを含む世界中の多くの国々で通用するグレード試験です。試験官はTrinity College London から派遣されます。日本では横浜のSaint Maur International School などごく限られたところでしか受験できません。当教室ではSaint Maur International Schoolから特別の許可をいただいて、日本にいながらこの試験を受験することを可能にしました。この試験は面接式のオーラルスキルのテストもあるため、英語のリスニングを含むトレーニングのサポートも行います。

音楽を通じて世界とコミュニケートする

日本にいながら、音楽を通じて海外のこともいろいろと知って欲しいし経験して欲しい。発表会に外国人のゲストを招いたり、International Schoolのイベントを御紹介したり、外国人の先生のワークショップを開催したりと、国際色豊かな活動をしています。また、いろいろなコンサートのインフォメーションをさしあげたり、いろいろな楽器を発表会に導入してアンサンブルをおこなったり、より良い音楽体験を提供できるよう心がけています。 講師自身も常に向上心を持ち、海外の学会に参加するなど、音楽教育に関して国際的視点が持てるように努力しています。


ブログはこちら