音楽を学びながら同時に英語をマスター

萩原国際ピアノ教室では、英語と音楽のリズムの関係を追及・実践しています。

レッスン中は、基本的に英語。
でも無理強いはしません。その子のレベルに合わせて「興味を持たせて」「楽しんで」進めていきます。

「目で見る」「音を聴く」「(英語で)歌を歌う」といった、五感を使い、体を使って、自然に自分から英語と音楽に向き合えるように目指しています。

具体的には、実際によく使われている実用的な英語のフレーズを歌詞に使い、またメロディーとリズムも英語として無理なく歌が作られている(譜割りされている)ので大変覚えやすい教材となっています。

そして何よりも「歌」で覚えたことは何年経っても忘れないのです。

 

楽しいコンサートのような発表会

発表会は、堅苦しい雰囲気は一切なく、ちょっとしたコンサートのようです。

ピアノソロや連弾はもちろん、ドラムやベースなどとジャズのセッションも行われます。
そして何よりも皆が楽しそうに演奏しているので、ついつい見ている方も引き込まれてしまいます。

 

Piano Recital 2016

 


ブログはこちら